パネライの経営者は誰?ブランドを支える人物

パネライ コピーの経営者は誰?


パネライは、イタリアの高級腕時計メーカーとして知られています。その歴史は古く、1860年にフィレンツェで創業されました。当初は精密機器の製造を手がけていましたが、やがて時計製造に参入しました。

グイド・パンネライ

パネライの創業者であるグイド・パンネライは、海軍将校でした。彼は、イタリア海軍の水中部隊のために、水中での視認性を向上させた腕時計の開発を依頼されました。この要望に応えて開発されたのが、パネライの最初の腕時計「ラジオミール」です。

第二次世界大戦後

第二次世界大戦後、パネライは一般向けの腕時計の製造を開始しました。しかし、同社は依然として海軍との関係を維持しており、イタリア海軍の特殊部隊用に腕時計を供給していました。

リシュモングループ

1997年、パネライはスイスの高級時計グループであるリシュモングループに買収されました。リシュモングループの傘下に入ってからは、パネライはさらに世界的に知名度を高め、高級腕時計ブランドとしての地位を確固たるものにしました。

ジャン=マルク・ポンテル

リシュモングループ傘下に入ってからのパネライを牽引してきたのが、ジャン=マルク・ポンテル氏です。ポンテル氏は、1998年から2018年までパネライのCEOを務めました。

ポンテル氏のリーダーシップの下、パネライは伝統的なデザインを継承しつつ、革新的な技術を取り入れた腕時計を次々と発表しました。また、同氏はパネライのブランドイメージの向上にも尽力しました。

現CEO:ジャンフィリッポ・トゥビアーナ

2018年、ジャンフィリッポ・トゥビアーナ氏がパネライのCEOに就任しました。トゥビアーナ氏は、高級時計業界で豊富な経験を持つ人物です。

トゥビアーナ氏の経営の下、パネライはさらなる成長と発展を続けています。同氏は、顧客との関係構築に重点を置き、パネライの体験型イベントを積極的に開催しています。

パネライを支える人物

パネライの成功は、創業者であるグイド・パンネライをはじめ、ジャン=マルク・ポンテルやジャンフィリッポ・トゥビアーナなど、多くの才能ある人物の尽力によるものです。パネライの腕時計は、時を超越したデザインと卓越した品質で知られています。

また、パネライは優れた職人技と革新的な技術の融合により、時計愛好家から高い評価を得ています。同社は時計製造の伝統を尊重しつつ、常に新しい挑戦を続けています。

パネライは、イタリアの時計製造の誇りであり、世界中の時計愛好家に愛されています。同社の腕時計は、卓越性とエレガンスの象徴であり、時を超越した価値を持っています。

パネライベルト純正ラバー

パネライの時計をさらに魅力的にするのは、純正ラバーベルトです。このベルトは、快適さと耐久性を兼ね備えており、時計にスポーティな印象を与えます。

パネライの純正ラバーベルトは、こちらから購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です